IKEAが躍進する理由

subpage01

IKEAは2016年に日本に誕生してから10年目を迎えたのですが、実は初めて日本にお店ができてから10周年というわけではありません。



初めは1974年に百貨店の一角にて製品が取り扱いされていたので、随分と前から日本人の近くにあったことになります。

しかし、価格設定や売り方がわからずに1986年に撤退することになったのです。その後、2006年に千葉県にオープンし、超大型店という目新しさも相まって順調に事業を伸ばしていき、今ではIKEAの存在を知らない人は存在しません。


日本人の感覚なら一度失敗したエリアに再び店を出すということは難しいのですが、満を持して再度挑戦したのは日本人のライフスタイルや好みをじっくりと調査し、買い求めやすい値付けをしたことが関係しています。

実際に、IKEAで販売するインテリアのデザインを行っている方は、地道に仕事に従事してきたと述べています。


しかも、決して机上の空論ではなく実態を正しく把握すべく、IKEAの製品を実際に使用しているお宅に足を運び生活や悩み、好きなことを聞き取り調査しているほどです。1年間で30件ほど訪れ、1件あたり2時間もヒアリングするということから、誰にとっても満足度が高いアイテムが使えるのです。

Girls Channelに関する有益な情報をご紹介いたします。

また、最新技術もしっかりと使いこなしており、インターネットを活用して何度も意識調査が繰り返されています。



こうした行為から生まれて人気になったのが、通常の二人用よりも少し小さなソファです。